> ×

4,197,000

検索ツール

91 out of 100 based on 1977 user ratings


集客力・運営力・教務力を磨いて、あなたの塾を地域ナンバーワンに変える!個別指導学習塾の総合コンサルティング「塾長スクール」。

【福岡県朝倉市】 【ふるさと納税】レモンの木鉢植え(黒プラスティック鉢·27cm)※配送不可:北海道、沖縄、離島 【苗木·れもん】


2021-09-15
選択してください 自治体にお任せ 防災、人権、コミュニティ事業 保健、福祉、医療、子育て事業 農林業、商工業、観光事業 都市基盤、環境事業 教育、スポーツ、歴史·文化事業 選択してください 理解した 選択してください 希望する 希望しない 選択してください 承諾しない 承諾する

【ふるさと納税】レモンの木鉢植え(黒プラスティック鉢?27cm)※配送不可:北海道、沖縄、離島【苗木?れもん】
【ふるさと納税】レモンの木鉢植え(黒プラスティック鉢?27cm)※配送不可:北海道、沖縄、離島【苗木?れもん】
【ふるさと納税】レモンの木鉢植え(黒プラスティック鉢?27cm)※配送不可:北海道、沖縄、離島【苗木?れもん】
【ふるさと納税】レモンの木鉢植え(黒プラスティック鉢?27cm)※配送不可:北海道、沖縄、離島【苗木?れもん】
内容●レモンの木(福岡県産)
●樹高:0.8~1.0m内外使用
●黒プラスティック鉢(直径:約27cm)
事業者ガーデニングショップ四季の里
備考※画像はイメージです。
※北海道、沖縄、離島にはお届けできません。
■注意事項/その他
●葉について???12月~3月(冬季)は、寒さで葉が丸まったり、傷んだりしてる場合がございますが生育には問題ありませんの。また。葉の変色?キズも生育には問題ありませんのでご安心ください。
●樹形について???自然のものなので樹形や実の数には個体差があります。※実はついてない場合がございます。

キーワード:ガーデニング


?ふるさと納税よくある質問はこちら
?寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更?返品はできません。あらかじめご了承ください。

【ふるさと納税】レモンの木鉢植え(黒プラスティック鉢?27cm)※配送不可:北海道、沖縄、離島 【苗木?れもん】







【配送不可:北海道、沖縄、離島】
受粉樹不要で毎年実がなります。栽培期間中、出来るだけ農薬を減らして作っておりますので皮まで食べられます。毎年食せるレモンを、ご自宅のお庭や鉢植えで育ててみて下さい。大変育てやすく、ガーデニングショップ四季の里で人気のガーデニング果樹です。到着後、箱から出してそのまま設置するだけ。2~3年植替え不要です。
◆レモンの木の一年◆
春???甘い香りの花が咲きます。届いた箱を開けると甘い香りが広がります。
初夏???小指の先ほどの実の赤ちゃんができます。大きくなるのが楽しみです。
夏???実がピンポン玉から卵くらいの大きさになります。
秋~冬???黄色く色づき6-8cmの大きさになったら収穫できます!
※ご注意ください???お届けするレモンの木は基本実が付いておりません実がなるまでに1年~2年かかります。
生産地:福岡県朝倉市

寄附金の用途について

自治体にお任せ(災害復旧復興支援等)

1. 防災?減災、防犯、消費者保護、人権、協働、男女共同参画及びコミュニティに関する事業

2. 保健、福祉、医療及び子育てに関する事業

3. 農林業、商工業及び観光に関する事業

4. 都市基盤(道路、交通、上下水道、住宅?住環境、景観、公園?緑化)及び環境に関する事業

5. 教育、生涯学習、スポーツ及び歴史?文化に関する事業

受領証明書及びワンストップ特例申請書のお届けについて

入金確認後、注文内容確認画面の【注文者情報】に記載の住所にお送りいたします。発送の時期は、入金確認後2~3週間程度を目途に、お礼の特産品とは別にお送りいたします。


楽天ふるさと納税をご利用の皆様へ



「集客力」「運営力」「教務力」を磨いてあなたの塾を、地域ナンバーワンに変える!

最新の記事

「ピンチをチャンスに!」・・・2020年の終わりに思う

2020年 12月 27日

こんにちは。個別指導学習塾専門コンサルタント「塾長スクール」代表の石上 誠です。

早いもので、今年もあと数日を残すのみとなりました。寒い日が続く中、冬期講習でお忙しいと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

観葉植物-花·観葉植物-さて、この2020年(令和2年)は、「残念な意味」で後世に名を残す1年となってしまいました。

2月後半に国内で新型コロナウイルスの感染が始まってから10か月余り、メディアの報道や日常での会話に「コロナ」が出ない日はありませんでした。

日本経済においては、飲食・観光・輸送などの業界は大打撃を受け、今も倒産・廃業・休業は現在進行形の状態です。

塾業界も、3月~5月という1年で最も入塾の動きが大きい時期に、全国一斉に公立の小・中・高校が休校になった影響を受けて、入塾予備軍の家庭が「様子見モード」に入ってしまったのは大打撃でした。

明確なデータがある訳ではありませんが、1学期のスタートが6月以降となり、従来の学校の年間スケジュールが大きく変わったことで、大手塾・個人塾を問わず、「新入塾・夏期講習の差し控え」があったことは間違いありません。

しかしながら、このコロナは塾業界にマイナスの影響だけを与えたわけではないのです。

学校休業に伴って、「感染リスクを考えると、塾に通っても大丈夫なのか?」という保護者の不安の声が上がる半面、「学校の授業がないから、むしろ塾で勉強を進めておかないと後で困るのではないか?」という前向きな意見も多くあり、各塾はその対応に追われました。

その中で「オンライン学習」という新しい形の学習環境がクローズアップされることになったのです。

このzoomに代表されるオンライン学習は、まだ緒に就いたばかりですが、これからの塾のあり方を大きく変える一大ムーブメントを起こし始めています。そしてオンライン学習をどのような形で自塾のスタイルとして取り入れて、今後の塾の集客・教務・経営に生かしていくかが塾経営者に問われることになります。

まだ出口の見えないコロナ禍の中で、言い古された言葉ではありますが、「ピンチをチャンスに」捉えて、塾のステップアップの足掛かりにして行こうという気概が大切だと思います。

来たる2021年(令和3年)は、数年後に振り返った時、「2020年のコロナは大変だったけど、むしろそれからウチの塾は強くなったな・・・」と思えるような1年になるように頑張っていきましょう!

今年も大変お世話になりました。それでは皆さん、よいお年をお迎えください。


このページの先頭へ